お風呂に入っても、自分ではなかなか手が届きにくいので洗い残しが出やすい場所なのが、背中ですよね。背中は体の中でも太くて立派な皮脂腺が通っている場所なので、ニキビができやすい場所としても知られています。若いころに背中にニキビができた人の多くは、お風呂で背中をきれいに洗いきれなかった人。その生活習慣をそのままキープしていたのでは、アラフォーになってからは背中の加齢臭で悩まされることになってしまいます。

 

皮脂分泌が活発な場所は、加齢臭もにおいやすい場所。背中は普段は洋服の中に隠れているので、なかなか他人から見たり臭ったりできない場所ですが、背中の加齢臭は服の襟元を通して首からにおってくるので注意が必要です。女性よりも加齢臭が臭いやすい男性の場合には、スーツの襟元から加齢臭がぷーんと臭うことも少なくありませんよね。その場合には、首から加齢臭が発生しているだけでなく、その下にある背中から大量の加齢臭が発生している場合も少なくありません。

 

背中の加齢臭を予防するためには、なんといっても背中の皮脂を徹底的に洗い流すだけでなく、皮脂分泌によって肌の表面に分泌された皮脂や汗が酸化してノネナールになってしまわないような配慮も必要です。ノネナールとは加齢臭の直接の原因となる物質で、体内の脂肪酸が酸化することによって生成されてしまいます。皮脂分泌を止めることはできませんが、分泌された皮脂がノネナールにならないようなケアをすることで、背中の加齢臭をストップすることができるわけです。

 

自分自身では腕が届きにくい背中ですから、タオルやボディブラシなどを使って、薬用せっけんで背中を洗いましょう。洗浄力が強いボディソープよりも、マイルドで無添加のモノのほうが、背中環境にとってはプラスになります。ニキビができやすい人などは、肌の表面を弱酸性にキープするためのスプレーやパウダーなどを付けるのも有効です。手近なところでは、る「重曹」をパフで背中にはたくだけでも、背中の加齢臭をシャットアウトできるようですよ。

 

アマゾンで今売れている加齢臭予防改善ボディソープを見る!

 

加齢臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!