お掃除などにも使われている「重曹」は、実は加齢臭の予防に使えることはご存知ですか?

 

加齢臭の原因でもあるノネナールは、体内の脂肪酸が酸化することによって発生するいやな臭い。疲れていたりストレスを感じていたりすると、どうしても体内で活性酸素が大量に発生し、体も肌も酸化してしまいます。

 

酸性のモノを酸性ではない状態にするには、そうです、アルカリ性のものと中和させてあげればよいですよね。そのアルカリ性のモノとして活用できるのが重曹です。お掃除にも使われている重曹は、料理に使うこともあり、人間の体にとっては安全性が高い食品です。この重曹を使って加齢臭対策ができるのですが、具体的にどのようにして加齢臭を撃退するのか気になりますよね。

 

重曹は、粉末の状態で使ってもOKですし、水に溶いて液体にして使ってもOKです。

 

粉末の状態で重曹を使う場合には、ボディパウダーのような感じで、汗をかきやすい部分に重曹をパフではたいてあげるのがおすすめ。たとえば、腋の下、足の指の間など、においが気になりやすい場所で、他人から見えない場所なら、重曹を大胆につけても安心ですね。

 

他人から見える場所に重曹を粉末のままつけてしまうのは、美観を損ねてしまうのでNGです。しかし、加齢臭は他人に見える場所からも発生されているので、その場合には重曹を水で溶いて液体にし、それをスプレーなどで肌につけてあげる方法が有効です。水と重曹の割合は、水200ccに対して重曹5gぐらいが目安です。

 

重曹をつけっぱなしにしておくのは抵抗がある、という人もいると思います。そのような場合には、まず重曹を粉末の状態のまま体中につけ、それを除菌効果のあるウェットティッシュなどでふき取ってあげる方法もおすすめです。この方法なら、どんな加齢臭でもスピーディに除去できるので、お風呂に入れないけれど加齢臭だけは取りたい場合や、汗をたくさん書いたけれどシャワーを浴びれない場合などにも活用できそうですね。

 

アマゾンの売れ筋お得な加齢臭対策商品を見る!

 

加齢臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!