加齢臭対策の一つとして「薬用せっけん」を使う方法があります。薬用せっけんに含まれている成分には、体の酸化を抑える働きがある成分が使われていることが多いのですが、その中に、タンニンという成分があります。

 

タンニンとは、フルーツの柿に含まれている成分で、柿の渋み成分でもあります。渋柿のタンニンはカキタンニンと呼ばれることもありますが、遠い昔には防腐剤として使われることもあったようです。最近では柿を防腐剤として使う家庭はほとんどないと思いますが、タンニンが持っている抗菌効果や消臭効果は注目されていて、加齢臭や口臭対策のアイテムにもタンニンが配合されていることは多いようですね。

 

タンニンを加齢臭対策として使うなら、やはり薬用せっけんにタンニンが含まれているものがおすすめです。タンニンの消臭成分によって、体の芯までしみついている加齢臭が、薬用せっけんを使うことによって少しずつマイルドになっていきます。また、タンニンの作用によって、肌の表面で加齢臭の原因となる雑菌が繁殖してしまうのを防ぐ効果も期待できます。

 

体内から加齢臭対策をしたい場合には、渋柿をそのまま食べてしまうのも方法の一つです。タンニンは渋み成分なので、同じフルーツの柿でも、甘くておいしい柿にはタンニンはほとんど含まれていないことも少なくありません。渋くて顔をしかめながら食べなければいけないほどの柿なら、加齢臭を予防できるぐらいのタンニンが含まれていますが、渋柿を食べるというのは、なかなか簡単そうでキツイもの。そういう場合には、少しだけ渋めの柿を、毎日少しずつ食べるようにしてみてはいかがでしょうか?体内に少しずつタンニンを入れてあげれば、体内の脂質が酸化しにくい体質を作ることにもつながります。 渋柿サプリも発売されていますよ!

 

最近では、加齢臭を予防するためのドリンクなどもラインナップされています。そうしたドリンクの中にはタンニンが含まれていることもあるので、手軽に加齢臭を体内から予防したい場合には、ドリンクを利用するのもよいでしょう。

 

アマゾンの売れ筋お得な加齢臭対策商品を見る!

 

加齢臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!