皮脂分泌や汗などが酸化して加齢臭となって臭うのは仕方がないこと。加齢臭は老化現象の一つですが、同じ年齢でも加齢臭が強烈な人もいれば、加齢臭があまり臭わない人もいたりしますよね?実は、生活習慣や食生活を改善することによって、加齢臭が臭いにくい体質を作ることができます。

 

加齢臭の直接の原因となるノネナールという物質は、体内の脂肪酸が酸化することによって生成されてしまいます。脂肪酸という名前からも想像できる通り、脂肪をたっぷり摂取するような食生活がメインの家庭では、加齢臭が臭いやすい生活環境になっているといっても過言ではありません。

 

加齢臭をできるだけ抑えるためには、できるだけ動物性の食べ物を避けて、糖質と脂質を最低限に抑えるように工夫した食生活がおすすめです。

 

例えば、毎日の食卓で洋食が並ぶ家庭なら、あっさり系の和食に変えてみましょう。和食は洋食や中華などと比べると、使用するオイルの量が少ないですし、小鉢などがたくさんつくので、食物繊維やミネラルなどの成分をたっぷりと摂取することができます。また、和食はカロリーも少なめなので、体内の脂肪酸も過剰に蓄積されてしまうのを防ぐことができます。

 

朝食時に梅干しなどの抗酸化作用があるものを食べるのもおすすめです。梅干し、レモン、かんきつ類のフルーツなど、酸っぱいものにはビタミンCがたくさん含まれていますし、ホルモン分泌を促進する働きがあるビタミンEも豊富です。アルコールをたしなみたいなら、赤ワインが良いでしょう。赤ワインに含まれているポリフェノールには高い抗酸化作用があるので、ノネナールの発生を抑制する効果が期待できます。

 

そのほかにも、イソフラボンが豊富な大豆、ベータカロチンが豊富なニンジンやカボチャ、セサミノールが主成分のゴマなども、加齢臭を軽減する効果が期待できる食べ物です。脂質と糖質を抑えた食生活をしながら、入浴時には薬用せっけんで体の表面を弱酸性にキープするように心がけたり、日中の加齢臭を予防するなら朝シャンをするのもおすすめです。

 

アマゾンの売れ筋お得な加齢臭対策商品を見る!

 

加齢臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!