運動をすると汗をかきますから、加齢臭も一層強烈になってしまいそうなイメージがしませんか?実際に、加齢臭が臭う人が運動をすると、その直後には汗と一緒に加齢臭が室内いっぱいに立ち込めるほど臭ってしまうことも少なくありません。

 

しかし、「慢性的な加齢臭」という観点でみると、普段から体を動かして運動をしている人のほうが、実は加齢臭が臭いにくい体質になるといわれています。加齢臭はもともと、体内の脂肪酸が酸化することによってノネナールという加齢臭の原因となる物質が発生することが原因です。脂肪酸は皮脂分泌として体の表面に出てきてしまう成分ですが、体内に皮脂を分泌する皮脂タンクが大きければ多いほど、皮脂分泌が活発になってしまいます。

 

体を動かして運動をすると、体内の皮脂も分解されます。ダイエットをして脂肪を燃焼するのと同じメカニズムですね。体内の皮脂量が少なくなれば、分泌される皮脂の量も少なくなりますから、それが加齢臭の減少につながります。

 

加齢臭の原因は一つではありません。ストレスや食生活、生活習慣などいろいろな要因が脂肪酸の酸化をスピードアップさせてしまいます。毎日の通勤時間を使って体を動かしたり有酸素運動の時間にできる人なら、生活習慣を少し工夫するだけで加齢臭が臭いにくい体質へと改善できるのではないでしょうか。ただし、朝の通勤時間でたっぷりと汗をかいてしまうと、職場についてからその汗が酸化して加齢臭の原因になってしまうこともあります。職場で軽くシャワーを浴びれる人なら良いのですが、そうでない場合には、帰宅時間を利用して汗をかく時間にするなど、工夫するのも良いかもしれませんね。

 

また、忙しくてなかなか運動する時間がない人は、無理にエクササイズの時間を設けようとすると、それがかえってストレスになってしまいますから、無理に体を動かさなくても、職場でできるだけ体を動かすように心がけたり、週末には友人たちとアウトドアを楽しんだりして、ストレス発散しながら体もついでに動かせるような趣味を見つけるのもおすすめです。

 

アマゾンの売れ筋お得な加齢臭対策商品を見る!

 

加齢臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!