加齢臭が起こる原因は、毛穴の中から分泌された皮脂が酸化し、それをエサとする雑菌たちが増殖することによって強烈なニオイを放ということです。そのため、加齢臭が気になるからと言って原因を除去せずに香水をつけていても、根本的な解決にはなりません。場合によっては、加齢臭と香水の香りが混ざってしまい、他人にかなり嫌がられてしまうこともあるので注意しなければいけません。しかし、加齢臭をそのままにしておくのは誰だって嫌ですし、香水の香りで加齢臭を消せるのなら、チャレンジしてみたくありませんか?そんな時には、香水の選び方を少し工夫したり、つけ方を工夫するのがオススメです。

 

まず、香水をつける前には、しっかりと加齢臭対策をしましょう。加齢臭は耳の後ろや首の後ろなどから臭うのが特徴なので、この部分は加齢臭対策用のシャンプーやボディソープを使ってしっかり洗ってあげましょう。汗をかいたりオイリーになってくると臭いが強くなりますし、汗や皮脂を放置するのも臭いが強くなる原因となるので、木になる時にはこまめにタオルやハンカチを濡らしたもので耳の後ろや首の後ろを拭きとってあげる工夫がオススメです。

 

また、加齢臭が気になる人は、シャワーのタイミングは外出する直前がオススメです。あまり早くにシャワーを浴びてしまうと、その後少しずつ皮脂が分泌されていくため、臭い安くなる時間が早くやってきてしまいます。できるだけ外出の直前にシャワーを浴びて皮脂をすっきり洗い落としてあげることが、外出中に加齢臭が気にならずに過ごすためのコツです。

 

そして、香水をつける場所ですが、加齢臭が臭いやすい部分は避けるのがオススメ。香水の香りは上から下に上がってくるので、できるだけ体の下の方につけるのが良いでしょう。自分自身で香りを楽しみたい人なら、手首などが良いですし、足首につけておくと動いた時に周囲にフンワリと香りが広がってくれます。間違っても、加齢臭が漂う耳の後ろや首の後ろにはつけないようにしましょう。

 

アマゾンで売れている加齢臭に効果的な香水を見る!

 

加齢臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!