加齢臭は老化現象の一つでもあるので、加齢臭がまったく発生しない体質を手に入れることは不可能です。しかし、普段の生活を少し工夫することで、加齢臭が他人に臭いにくい体質を作ることは可能です。その一つに、シャンプーやボディソープを使う方法があります。

 

髪を洗うとき、誰でもシャンプーしますよね。シャンプーはどの商品も、頭皮に詰まっている毛穴の汚れや皮脂などを取り除く作用があります。しかし、薬用シャンプーや加齢臭対策のためのシャンプーなどは、それだけの機能では終わりません。頭皮の汚れをきれいに洗浄したら、頭皮から分泌されてくる皮脂が酸化しにくい頭皮環境を作ることができます。つまり、頭皮を弱酸性にキープすることによって、皮脂が酸化してノネナールが発生するのを予防することができるわけです。

 

薬用シャンプーや加齢臭予防のためのシャンプーは、ドラッグストアなどで購入することができます。他の一般的なシャンプーと比べると少しだけ根が張るかもしれません。

 

「加齢臭は予防したいけれど、シャンプーにお金はかけたくない」
という場合には、シャンプーの仕方を工夫する方法もおすすめです。

 

まず最初に、シャンプー前にお湯で良く頭皮を濡らし、頭皮をお湯でマッサージするように指の肌を使って良くもみながら洗ってあげましょう。この時、髪に注意を払う必要はありません。頭皮のみに集中しましょう。この作業をシャンプー前にすると、頭皮についている汚れの60%以上はここで洗い落とすことができます。

 

次にシャンプーですが、シャンプーをいきなり頭につけるのではなく、手のひらで泡立ててから、頭皮を泡洗髪してください。上手に泡立てられなかったら、洗顔剤を泡立てるための洗顔ネットを使用するのもおすすめです。また、加齢臭を予防するためには、オーガニックや無添加タイプのマイルドなシャンプーを選んだほうが良いみたいです。

 

この作業で、頭皮の加齢臭はぐんと臭いにくくなります。毎日のシャンプータイムでぜひお試しくださいね。

 

アマゾンでの今売れてる加齢臭予防改善シャンプーを見る!

 

加齢臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!