加齢臭はアラフォー以上の年齢なら、誰が臭ってもおかしくない老化現象の一つです。病気や疾患などが原因で加齢臭を発生させているということは、現代の医学ではまだはっきりと関係づけられているわけではありませんが、加齢臭の強さで、病気を疑うこともできるのだそうです。

 

加齢臭は、生活習慣や食生活などによって、どうしても強くなってしまうこともあります。煙草を吸う人、アルコールを頻繁に飲む人、ストレスで暴飲暴食してしまう人、忙しくて運動不足になりやすい人などは特に、加齢臭もそうですが、血圧が上がりやすかったり糖尿病になりやすかったりして、生活習慣病予備軍かもしれませんよね。

 

「自分の加齢臭は、たばこのせいだ」
「自分の加齢臭はストレスが原因だ」
「自分の加齢臭は糖尿のせいだ」
とはじめから決めてしまうのはいかがなものでしょう。加齢臭は体内から湧き出てくる老廃物の臭いだったりすることもあるので、どんな臭いの加齢臭が漂っているのかによって、体内に潜んでいる疾患や病気を予測することも可能です。

 

・魚臭い
加齢臭がなんとなく魚が腐ったような生臭い匂いになっている場合には、代謝機能が正常に機能していない可能性があります。トリメテルアミン尿症(魚臭症候群)とよばれる秒k字は、体臭が魚臭くなるという症状を持っています。

 

・甘くてすっぱい臭い
糖尿病の恐れがあります。加齢臭とともに尿も甘い感じの臭いがしたら、糖尿病の可能性が高いですね。

 

・アンモニアの臭い
体臭がアンモニアの臭いがする場合には、腎臓の機能が正常に働きていないことが多いようです。

 

・頭の加齢臭が強烈
頭部の加齢臭ばかり異常なほどに臭うという場合には、もしかしたら頭皮に真菌に侵されている脂漏性皮膚炎かもしれません。

 

以上のように、加齢臭の臭いによって体内の疾患を早期発見することもできます。加齢臭を抑えることは大切ですが、体内の疾患を治療することによって、こうしたいやな加齢臭を予防することにもつながります。

 

アマゾンの売れ筋お得な加齢臭対策商品を見る!

 

加齢臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!