人間は誰でも加齢とともに老化現象によって、体のいろいろな機能が低下していきます。消化機能、代謝機能、免疫機能など、目に見える機能低下を自覚できることもあれば、知らないうちに機能が低下していた、なんてこともあったりするわけです。アラフォーになると臭いやすくなる加齢臭も、実は免疫機能の低下が原因と言われています。

 

免疫機能は、人間の体の外から侵入してくる細菌や病原菌から体を守ってくれる働きをしています。免疫機能をつかさどっているのは、血液中の白血球、リンパ球、マクロファージと呼ばれる細胞たちで、これらの細胞によって抗体や免疫物質が体内で作られます。免疫細胞は、体のリンパ節や骨髄、脾臓などで作られていて、血液を通して全身に運ばれます。

 

免疫機能が正常に機能していれば、少し位のことでは風邪をひいたりしませんし、疾患にもかかりにくいものです。しかし、疲れやストレス、加齢などによって免疫機能が低下すると、外部から細菌や病原菌が侵入しやすくなってしまうため、いろいろな病気にかかりやすくなってしまいます。

 

加齢によってこの免疫機能が低下してくると、体内で細菌や雑菌などが繁殖しやすくなります。加齢臭の原因でもあるノネナールという成分も、そんな雑菌の一つなのですが、若いころのように免疫力がノネナールを撃退してくれなくなってしまうために、アラフォーを過ぎるとノネナールの繁殖が活発になりすぎて、体臭としてぷーんと臭いを発してしまうわけですね。

 

免疫機能の低下は老化現象の一つなので、どんなに努力しても若いころと同じレベルの免疫機能を取り戻すことはなかなか難しいものです。しかし、免疫機能ができるだけ低下しないように生活習慣や食生活を心がけることによって、免疫機能の低下をゆっくりにすることは可能です。そのためには、体の疲れやストレスをできるだけ体内にため込まないように、規則正しい生活を心がけたり、ヘルシーな食生活を心がけたり、また、ストレス発散のために楽しく過ごせる時間を確保するなどの工夫も必要です。

 

アマゾンの売れ筋お得な加齢臭対策商品を見る!

 

加齢臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!