おじさんの臭い、といえば加齢臭。加齢臭はオヤジ臭と呼ばれたりして、若い人たちからとても嫌がられてしまう臭いですよね。どんなに清潔にしていても、老化現象に伴って加齢臭は出てきてしまいます。その加齢臭の直接の原因となっているのが、体内で生成されているノネナールという物質です。

 

体内には、肌表面が乾燥しすぎないように皮脂腺という毛穴から皮脂が分泌されています。皮脂は脂肪ですが、この脂肪が体内の過酸化物質と触れることによって、ノネナールを発生してしまいます。若い頃にも皮脂腺は当然ありますし、過酸化物質と触れてノネナールを発生することもあるのですが、若いころには、ノネナールを抑制する機能が作用しているため、ノネナールの物体が毛穴などから体臭として湧き出てくることはほとんどありません。しかし、老化現象によって、ノネナールの発生を抑制する機能が低下してしまうため、体内で発生したノネナールが、容赦なく体の外にオヤジ臭として漂ってしまうのです。

 

ノネナールは、体内で自然に作られている物質なので、ノネナールの発生を根こそぎ止めてしまうことはできません。しかし、生活習慣や食生活を改善することによって、ノネナールが発生しにくい体質を作ることは可能です。また、肌の表面を弱酸性に保つような薬用せっけんを使ってシャワーしたりシャンプーしたりすれば、ノネナールが加齢臭として臭いにくい肌環境を作ることもできます。

 

体内でノネナールの発生自体を低下させるためには、体内の脂肪酸が酸化しにくい体内環境を作ることが有効です。抗酸化作用が強い成分を積極的に体内に取り入れたり、肌の表面に塗布したりすれば、脂肪酸がなかなか酸化されなくなるので、ノネナールの発生を抑えることにもつながりますね。

 

ドラッグストアに行くと、加齢臭対策のボディシャンプーや薬用せっけん、ヘアケア用品などがずらりとラインナップされています。これらのアイテムには、加齢臭の発生を長時間抑えてくれる成分が豊富に入っているので、加齢臭が気になる人は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

アマゾンの売れ筋お得な加齢臭対策商品を見る!

 

加齢臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!