アラサーやアラフォーに入ると何となく気になってくる加齢臭。加齢臭というとオジサンというイメージがありますが、加齢臭はどんな原因で起きているのでしょうか。

 

加齢臭の直接の原因となるのは、体内で発生しているノネナールという分泌物です。ノネナールは体内の脂肪酸と過酸化脂質という二つの物体が結びつくと発生する物質なのですが、なんとなくわかりにくいですよね。一言で言うなら、体内の脂肪が酸化すると、ノネナールが発生すると考えるとよいでしょう。

 

若いころでも体内ではノネナールが作られています。なぜ若い人は加齢臭がしないのに、オジサンになると加齢臭がするようになるのかというと、老化現象によってノネナールの発生を抑制する機能が低下してしまうからなのです。また同じ年齢の人でも、食生活や生活習慣の違いによって、加齢臭が強烈にする人もいれば、それほど気にならないほどしか臭わないという人もいます。

 

どんな生活習慣がノネナールを大量に生成してしまうか、つまり、加齢臭の元を作ってしまうのかというと、疲労やストレスなど、体が酸化しやすい状態になればなるほど、加齢臭も強烈になってしまうようです。忙しくあわただしい生活をしていると、どうしても睡眠時間が短くなったり、生活のリズムが不規則になったりして、精神的にも肉体的にも、疲れがどっとたまってしまいますよね。そうすると、体が酸性になってしまうために加齢臭もぷーんと強烈なにおいを放ってしまうわけです。加齢臭が気になる人は、できるだけストレスをため込まないように心がけたり、体の疲れをためないように睡眠時間を確保したり、リラックスできる時間を設けるなどの工夫が必要です。

 

食生活も、加齢臭の原因となります。近年では、洋食のメニューが食卓に並ぶ家庭も多いですよね。欧米的な食生活は、どうしても脂質や糖質を多く摂取してしまうことが多いようです。もともとの日本食などは、食物繊維や低カロリーの食材がメインだったのですが、最近ではそうしたヘルシーな食材が減って、肉類など高カロリーで高脂質な食材が増えています。食生活を改善することも、加齢臭を予防することにつながります。

 

アマゾンの売れ筋お得な加齢臭対策商品を見る!

 

加齢臭対策商品 当サイト人気ランキングを見る!